入札方法
Last updated, 2023 年 11 月

入札は、広告作成プロセスの全体を通じて、重要な要素です。プロモーション戦略と目的に応じて、さまざまなタイプの入札方法をご利用いただけます。


この記事では、TikTok広告マネージャーで広告掲載を開始するために必要な知識や各方法の基本的な概要を説明します。現在、TikTok広告マネージャーでは、4つの入札方法をご利用いただけます。

  • インプレッション課金型(CPM)

  • ​最適化インプレッション課金型(oCPM)

  • ​動画視聴単価(CPV)

  • ​クリック課金型(CPC)


CPM

CPM方式では、1,000回のインプレッションあたりに支払う希望額で入札を行います。広告主の予算設定内で、システムが広告の露出を高め、可能な限り多くのユーザー数にリーチします。

  • ​計算方法:合計コスト ÷ 合計インプレッション数 × 1,000

  • ​課金イベント:インプレッション発生ごとに課金

  • ​適用可能なプロモーション目的:リーチ


oCPM

備考:最適化インプレッション課金型は、「コンバージョン」と「アプリインストール」目的の広告のデフォルト入札方法になりました。


oCPM方式では、広告の1,000回のインプレッションあたりのコストで入札を行います。システムがコンバージョンまたはアプリインストールイベントを完了する可能性が高いと判断したユーザーを対象として広告配信を行います。

  • 計算方法:合計コスト ÷ 合計インプレッション数 × 1,000

  • ​課金イベント:インプレッション発生ごとに課金

  • ​適用可能なプロモーション目的:ショップ購入、商品販売、コンバージョン、アプリインストール、リードジェネレーション、コミュニティインタラクション(フォロー)


CPV

CPV入札とは、視聴者が広告を最短6秒視聴した場合、または最初の6秒間に動画とインタラクションした場合(どちらか先に起こった方)に、支払い義務が発生する入札方法です。

  • ​計算方法:合計コスト ÷ 合計フォーカス視聴回数

  • 入札イベント:視聴者が広告を最短6秒視聴した場合、または最初の6秒間に動画とインタラクションした場合(どちらか先に起こった方)に請求されます。

  • ​適用可能なプロモーション目的:動画視聴数


CPC

CPC方式では、1クリックあたりの広告コストで入札を行います。システムは、クリックする可能性の高いユーザーに広告を配信し、広告主が提示した価格に基づき、クリックあたりのコストが入札提示額に可能な限り近づくよう調整します。

  • ​計算方法:合計コスト ÷ クリック数

  • ​課金イベント:クリック1件ごとに課金

  • ​適用可能なプロモーション目的:ショップ購入、商品販売、トラフィック、アプリインストール、コンバージョン、コミュニティインタラクション(プロフィール訪問)


Content