類似オーディエンスについて
Last updated, 2024 年 7 月

類似オーディエンスは、既存の顧客と共通点を持つオーディエンスにリーチし、自社製品に関心のあるオーディエンスに広告を配信するのに有効です。


類似オーディエンスの規模は3種類(狭い・ノーマル・広い)から、お客様の個別のマーケティング戦略に合わせて柔軟に選択可能です。


幅広いオーディエンスを作成することで、類似オーディエンスとソースオーディエンスに中程度の類似性で潜在的なリーチが拡大します。狭い類似オーディエンスを作成すると、ソースオーディエンスと最も高い類似性を持つユーザーを見つけることができますが、狭い類似オーディエンスの潜在的なサイズは、広い / ノーマルの類似オーディエンスよりも関連性が小さくなります。


類似オーディエンスの規模は、指定した市場のユーザーベースおよび選択した規模(狭い・ノーマル・広い)に基づきます。類似オーディエンスの作成に必要となるソースオーディエンスの最小サイズは100です。


システムは、作成したカスタムオーディエンスの属性を調査します。選択されたカスタムオーディエンスタイプに属するユーザーの属性(デモグラフィック、国家・地域、オペレーティングシステム、興味など)を分析します。その後、当モデルがコンバージョンする可能性のある類似したユーザーを探します。


詳細は類似オーディエンスの作成を参照してください。

Content