入札タイプ
Last updated, 2024 年 5 月

この記事では、それぞれの入札タイプのメリット・使用例・提供状況について説明します。


選択した入札タイプにより、広告オークションでの入札方法が決まり、結果の単価や予算利用率などのパラメータが管理されます。


TikTokは、ブランド認知の促進・リード創出・コンバージョン最大化など、お客様が目指すビジネス成果の達成を支援することを目的とした、2つの入札タイプを提供しています。キャンペーン効率を最大化するには、主要なキャンペーン目的に沿った、最適な入札タイプを選択することをお勧めします。


現在、TikTok広告マネージャーでは、以下の2つの入札タイプに対応しています。

  • 目標成果単価上限(目標ベース):オークションの結果の平均単価をコントロールします。

  • 最大配信(支出ベース):予算内で最大限の成果を上げます。


広告セットの入札タイプを選ぶ方法については、以下の画像を参照してください。

Bidding Strategies image

入札タイプの概要

目標成果単価上限

目標成果単価上限を使用すると、システムが達成しようとする結果の平均単価を設定します。これは、結果の単価が入札価格よりも高くなったり低くなったりすることを意味します。

  • サポートしている広告の目的:アプリインストール・コンバージョン・リード創出

    • 目標成果単価上限は、リーチおよび動画視聴数が目標となるデフォルトの入札戦略であり、広告主が使用する入札の影響を理解するのに役立つ推奨入札価格およびリーチ推定機能によってサポートされています(詳細については、「ブランドオークションの簡易化された入札機能UI」を参照してください)。

    • 最適化目標がコンバージョンに設定されている場合、目標成果単価上限はコンバージョンキャンペーンでのみ利用可能です。

  • サポートしている請求イベント:最適化インプレッション課金型(oCPM)・クリック課金型(CPC)・インプレッション課金型(CPM)・再生課金型(CPV)


最大配信

最大配信は、支出ベースの入札タイプです。この入札タイプでは、入札価格を入力する必要はなく、代わりに、システムが利用可能な広告セット予算を使用して、結果の最大配信で可能な限り多くの結果を生成します。


:最大配信の入札戦略は、日単位の予算キャンペーンでのみ使用することができます。通算予算キャンペーンでは使用することはできません。

  • サポートしている広告の目標:トラフィック・リーチ・動画視聴数・アプリインストール・コンバージョン・リード創出・カタログ販売

  • サポートしている請求イベント:CPC・CPM・CPV・oCPM

    • 注:最大配信を使用する場合、入札価格を入力する必要はありません。これは最大配信が広告セットの予算に応じて、可能な限り多くの結果を生成するためです。


入札タイプの比較

入札タイプ

仕組み


対応している広告目的

対応している入札方法

留意事項

目標成果単価上限

予算に関わらず、平均単価を入札額と同程度かそれ以下に抑えることができます。

アプリインストール、コンバージョン

oCPM

結果の単価は日々変動しますが、平均単価は入札価格と同程度かそれ以下になります。


コンバージョンキャンペーンの学習期間を終えるまでは、パフォーマンスが変動することがあります。これにより、CPMが高くなることがあります。

最大配信

予算を最大限に活用し、指定された期間内および予算内で、可能な限り多くの成果を上げます。

トラフィック・リーチ・動画視聴数・アプリインストール・コンバージョン・リード生成・カタログ販売

CPC・CPM・CPV・oCPM

結果の単価は、オークション環境の変化に応じて日々変動しますが、期間内の最大配信で常に最大の結果を獲得できます。


コンバージョンキャンペーンの学習期間を終えるまでは、パフォーマンスが変動することがあります。これにより、CPMが高くなることがあります。


注:コンバージョン目的のキャンペーンの場合、学習期間を過ぎるまでは、パフォーマンスが変動することがあります。これにより、CPMが高くなることがあります。


入札タイプのベストプラクティス


入札タイプ

活用事例

留意事項

ベストプラクティス

目標成果単価上限

・目標ベースの入札を希望する広告主


・マーケット環境に左右されず、単価を一定水準に抑えたい広告主

・(リーチおよび動画視聴数といった)ブランディング目標に対して推奨される戦略


・結果の単価を正確に計算するには、ピクセル / 適切なトラッキングが設定されている必要があります。

・リーチおよび動画視聴数を利用する広告主向け:推奨入札価格とリーチ推定機能を使用して入札上限を決めていきます。


・キャンペーンおよび広告セットの設定:キャンペーン単位では、予算を「無制限」に設定します。・広告セット単位では、予算を入札価格の50倍以上に設定します。


・目標成果単価上限において広告主に受け入れられる最大のCPA入札額、または最小ROASに最小ROAS入札額を入力します。これらの入札は、広告セットが学習期間を通過し、規模を拡大するのに非常に役立ちます。


・目標成果単価上限において入札額を増加させる、もしくは最小ROASの入札額を減少させることは、配信率の低さ / スケーリングといった問題を改善できる、最も直接的かつ効果的な方法です。

最大配信

・支出ベースの入札を希望する広告主(特定の入札価格を設定するのではなく、特定の期間の予算内で確実に最大限の結果を得たい広告主)

・競争が激しい時期ほど、結果の単価の変動は大きくなります。


・結果の単価は、オークション環境の変化に応じて日々変動しますが、常にその期間内の最小単価で最大の結果を得ることができます。

キャンペーンおよび広告セットの設定:

・キャンペーン単位では、予算を無制限に設定します。


・広告セット単位では、50件以上のコンバージョンをカバーできる日次予算を設定します(アカウントの過去の結果の単価に基づく)。


・学習期間を通過するには、広告主には目標とするCPAの50倍の日単位予算を設定することが推奨されます。


学習期間後(コンバージョンイベント限定)

・予算を増やすと結果の単価が高くなることがよくあるため、広告セット予算を増やす場合は、一度に最大50%までにします。システムは、まず結果の最大配信を見つけてから、予算の範囲内で最も多くの成果を得るために、入札価格を増やしていきます。


・再度予算の調整を行う前に、さらに50件のコンバージョンを獲得し、1日経過するのを待ちます。


Content